読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給湯室のOLレベルの話題

声を大にしては話せない。できれば墓場までもってきたい。

カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき、フクシマに住む男子大学生はテーブルに突っ伏して吐瀉物にまみれている。

今週のお題「冬のおいしいもの」


アンチョビとチーズと白ワインくさいゲロが髪について、乾いたそれがパリパリと音がする。

なんだかダメ人間の階段を登る音のように思えなくもないなあ。



 アンチョビって何の塩漬けだっけか?ニシン、いや、カタクチイワシだっけか。とかそういうことを考えながらテーブルで寝たとこは覚えている。

ゴミみたいなアパートに戻って、シャワー浴びて、ネコをベッドからどかせて、研究室に行くまでの間もうひと眠りしよう。にゃあにゃあ文句言われんだろうけど無視しよう。


去年の今日撮った写真があったので貼る






今アパート帰ってググったらアンチョビは ニシン目のカタクチイワシ科らしい、じゃあこれは半分正解としていいのだろうか。






とりあえずそのカタクチイワシの塩漬けは美味しかった。冬のおいしいもの。