読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給湯室のOLレベルの話題

声を大にしては話せない。できれば墓場までもってきたい。

エルクンバンチェロをもう一度

かねてからふたりで飲もうと約束していた風間と、ふたりきりで飲んだ。

愉快な夜だった。

ひたすらに、愉快な夜だった。

ゲロまみれになっても、居酒屋のオヤジにぶん殴られても、二人ならどこへでもいけるような気がした。よろよろと。

ハナヂ垂らしながらでも、冷たい風がびょうびょう吹いても、
つまづいてゴミ溜めに転げても。歩いていけるような、そんな気がする夜だった。

愉快な夜だったのだ。