読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給湯室のOLレベルの話題

声を大にしては話せない。できれば墓場までもってきたい。

東京密入国4日目

 ムール貝の白ワイン煮、大変美味しゅうございました。


 ヒダノ姉妹とリストランテに食事にいきました。

湿気たコーンフレーク以外を食べるのは久しぶりの事で、ご飯というよりはエサに近いそれだったなと、オリーブにフォークを刺す彼女らを見ながらそう思った。

「カメはカメのエサだけ食べてりゃいいもんな」そう言った英治の言葉がよぎった。シラカワもシラカワもエサだけ食べてりゃ幸せを知らずにすんだのに、鴨肉のソテーを舌に乗せてしまったのだった。


姉は自由奔放で、妹さんの方は噂にたがわず欲のない善人だった。

 

 ・退院したら春になっていた。窓の外で季節が過ぎるのをただ見ていただけの私がいて、雨がまばらに降っていた。