読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給湯室のOLレベルの話題

声を大にしては話せない。できれば墓場までもってきたい。

アイスコーヒーをください


昨日バイト先に行く電車に乗って動く寸前に老婆に電車の乗り換えを聞かれた。
どうやら約束があってはるばる東京まできたらしいが、生憎そこにいく電車はこれじゃない。死にそうな顔していたから、一回降りて教えて、一緒に待つことになった。完全に遅れるけどバイトめんどくせえなと思っていたからむしろ丁度良かった。なんかすごい感謝されたけどおれがバイト行きたくないだけだったから何をこんなにありがたがってるんだろうこのババアはと思った。電車が行った後、バイト先に遅刻しますって電話した。「は?どうしたんだ?」と聞かれたけど「おばあちゃんに道を教えてました♡」だなんて絶対信じてもらえないだろうから寝坊したって言った。現実ってだいたいそういうもんだ。あとあのババアを悪者にしたくなかったし。帰りにサブウェイ食って帰った。