読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給湯室のOLレベルの話題

声を大にしては話せない。できれば墓場までもってきたい。

タカチは海になった

お題「甘酸っぱい思い出」
「おいタカチ!はよして!マジで!」
『うっさいわシロ!はよせないかんわかっとる!ほやけどこっちも全力でやってんねん!』

 俺が埼玉のキッタナイ倉庫でバイトしてた時、高橋という俺より1個上で背の高いガタイのいい男がいた。俺はタカチって呼んでたんだけどたまにタカちんちんって呼ぶと「人を卑猥物みたいに呼ぶなや!」って福井訛りで怒る面白い奴だった。

タカチは休み時間にいつも『オレは将来ビッグになるで、こんな倉庫のバイト生活から抜け出すんや!』と鼻息荒く言っていた。「夢があっていいなお前は」といつも俺はあいづちを打っていた。

そんでしばらく経って俺ももう別の仕事してた時タカチから電話があった。『シロ、今からお前んちいっていい?』「いいよ」タカチが来た。

部屋に入るなり『オレ今風俗の店長やってんねん、車もBM乗ってんねんすごいやろ!』と言ってきた『金もめっちゃ持ってんねん凄いやろ!』って。『チ◯コに真珠いれたんや!しかも真珠に名前書いてもらってどこに落としてもこれで安心や!』「いや落とさないだろチ◯コは」みたいな会話したんだけど目はなんか哀しそうだった。

「いいじゃん、お前が幸せなら、俺もなんか嬉しいよ。」って言ったらタカチ泣き出した。俺のTシャツぐわー掴んで胸に顔うずめてオイオイ泣き出した。鼻水こすりつけながら泣き出した。『オレほんまこんなんでいいんかなぁ?ウ…ウウウウっ女の子だまくらかしエッエエて、働かして。自分だけいっぱい金貰ってェェウウウウ。』バビッ Tシャツ破けた。

ほんで10分くらい泣いた後

『すまんなシロのTシャツめちゃくちゃにしてもうた。すまんほんますまん』「いいよ、Tシャツならまた買えばいいし、でもタカチ、お前の体の真ん中にあるモンが傷だらけだったら今俺が治してあげなきゃいけないだろ今しか無いじゃんそれ。そのためにTシャツ破けてもお前の汚い鼻水つこうがなにしようが俺はいいのや」

つったらタカチさらに号泣ヒートアップバリバリビリバリ、Tシャツお釈迦になった。そんで顔うずめて小一時間泣いたら『またいつか会おうやいつになるかわからんけど』つって帰った

 それからタカチに再会したのはすぐ2週間後だった。東京湾に浮いてた。なんか知らんけど風俗で働いてる女の子たちの借金肩代わりして『こんなことしてたらアカン』言うてせっかく入った子みんなみんな抜けさしたらしい。そんで関係者に目つけられて沈められたらしい、水でブクブクになったタカチの身元は司法解剖の結果チ◯コの真珠に書いてあった名前で分かったらしい。

 

なんじゃそれ最後のギャグ面白いじゃんタカチ。でもタカチ俺今笑えないわ。すまんお前の最高のギャグで笑われへんほんますまん。警察から俺宛の手紙があったということで渡された。『シロ俺はあの日どす黒い化物から人間に戻れた。これから死ぬかもしれんけど人間として死ねるなら嬉しいわ。ありがとなありがとなホンマありがとな。』

なんじゃタカチ。俺はお前がバケモンでも妖怪でも生きててほしいんだよ。どんなミジメでもゴミ虫でも俺はお前が生きてる方がいいのよ。ほんま笑われへんドアホくそタカチ阿呆阿呆アホったれ!!!